説明会に参加できなかった方への対応について

default

こんばんは。

いつもお世話になっております。

学院長の蓮(ハス)です。

 

平成28年度春期入学説明会に参加を予約されていた方で、

ログインを試みたが、画面が出ずに参加出来なかったという

方が一定数いらっしゃいました。

参加できている方もいらっしゃったので、

実際に一度すべて説明会を中断し、

実態調査を行いましたところ、

原因の特定に至りました。

 

前回のお知らせでは、Google chrome以外のブラウザを使用しているか、

Webカメラがついていないか、また自身のパソコンにマイク、カメラが認識されて

いないか。そして、パソコンのスペックが不足しているか。

というところまででした。

 

さらに調査をさせていただきましたところ、

今回の調査では、二点に絞られました。

それは、Google chromeを利用されていないか、

Webカメラの未搭載、未接続か。

理由は、パソコンのスペックの問題では、

不安定であっても、接続をした痕跡がサーバーに残り、

画面上でも消えたり付いたりという状態になるはずであることです。

今回はそういった状況ではないということですので、

この二点に絞られました。

当学院では、ホームページやアカウント発行者に対して、

メールで注意を促すなど行ってきましたが、

「すべての内容をしっかり読んでもらえるだろう」という認識に立って

対応しておりました。

パソコンに不慣れな方への対応が後手に回ってしまったことは、

深く反省し、お詫び申し上げます。

 

つきましては、入学時期をずらすということで検討していましたが、

説明会をすでに受けておられる方からも、

これから再調整をしたいという方からも、

「そのままの日程でやって欲しい。」というお声を頂戴しましたので、

入学申込み、入学式、開講時期は予定通り執り行うこととしました。

ただ、いまだ説明会を受けたいのに、受けることが出来ていない方のお声を

このままには出来ませんので、

学院から当該申込者に対して明日の午前九時までに

メールをお送りします。

その上で、今回、説明会の個別再設定を希望される方には、

お詫びの気持ちを込めて、Webカメラを学院からプレゼントさせていただきます。

環境さえ整えることが出来れば、システムに参加することができますので、

ご希望の方は、メールに必要事項を記入の上、学院長 山下宛にご返送ください。

説明会の再設定をさせていただくと同時に、環境設定の確認をさせていただきます。

後ほど送られますメールの内容をよくお読みになって、ご返信くださいますよう

お願い申し上げます。

 

ここで、私から、システムを何故このように構築したのかという意義を改めて

ご説明申し上げます。

カウンセリングの勉強をするためには、

学問としての用語や技法を勉強するだけでは現場にでることは

出来ません。

出たとしても通用しません。

クライアントの観察の仕方、注意点、そしてカウンセラーが陥りやすいポイントなど

様々な要点があります。

その要点をしっかりと習得するためには、

ロールプレイングをしっかりとしておく必要があります。

今まで私が開講してきた講座でも、この点は非常に重視してきました。

こと、これからの時代を見越して、インターネットを使った勉強法にしたとしても、

この点は重要視しなければなりません。

ですので、ロープレが出来るようにシステムを組む必要がどうしてもありました。

ただ、ロープレを出来るようにするには、

「カメラによる動画、音声、チャット、質問機能」などを

同時に双方向でやり取りする必要が出てきます。

また、音声と、動画がずれていては、使い物になりません。

そういったことを一つずつクリアしていったときに、

今回のシステムになりました。

正直、動画を観るだけの授業、一方通行のライブ授業にすることのほうが、

開発するには簡単でした。費用も雲泥の差でした。

しかし、それでは学生の力がつかないのは、歴然としています。

そのジレンマの中、やはり、「現場で活躍できる人材を育成するために必要な機能」は、

外すことが出来ませんでした。

 

「今は、スマホやタブレットが主流なのに?」というお声もいただいていることも事実です。

ただ、スマホやタブレットの処理能力は、現行パソコンから比べると、

二世代ほど前のものとなりますので、

ロープレのような負荷の高いシステムを動かすことは出来ません。

スマホ、タブレットで動かすことより、

高付加であっても必要なシステムを導入し、

「中味の濃い授業、しっかりとした力の習得を目指してほしい」

そう我々は考えました。

様々な納得のいかない部分を抱えているかもしれませんが、

今後も、少しでもより快適に授業を受けて貰えるように、

今回の経験も真摯に受け止め、また、いろんな方の

意見も真摯に受け止めて、今後の運営に反映させていきます。

 

「カウンセラーは相手がいうことを、しっかりと聴き、受け止めることが出来なければならない」

「人は間違いをちゃんと受け入れられかどうかを問われている」

そう、日頃から授業で伝えている責任もあります。

人間は本来、「意見の違う人を排他的に扱う」動物です。

ただ、私たちはそういうことを可能な限りしないことをポリシーにして運営をしてきていますので、

この点は今後も大切にしていきます。

 

こういった背景から生まれたシステムを、より多くの皆様にご納得して

ご利用いただけるように日々邁進していきます。

今回、いろんなご意見を下さった皆様、本当にありがとうございました。

本当に感謝しております。

今後とも、本学院をよろしくお願い申し上げます。

 

学院長 山下 征海

 

追記;本来ここに書くべきことではないですが、アフィリエイトBを通じて

アフィリエイトをしておられる方が説明会に参加される場合、

「プレ授業、説明会参加」の両方を満たして初めて

報酬の発生になります。

ただし、今回は自己アフィリエイトをされている方もいらっしゃるので、

特例として、「アカウント発行、説明会参加」をもって承認します。

承認条件に該当される方は、必ず説明会を受ける前に「承認希望」と明記の上、

お名前、ご連絡先、登録メールアドレスを添えて学院長 山下宛に申請をしてください。

システム内のお問合せから申請をお願いします。

日本心理援助専門学院

学院長 山下 征海