カウンセラーの価値と自分の価値

bird-616168_960_720

私たちがカウンセラーであるとき、

自分が何者であるのかということを

非常に深く悩む時があります。

 

私たちが対応しているクライアントは

心理的に不安定な方々ですから

当然仕事内容は負のダメージを受けることが

あります。

というより、ほとんど負です。

 

その中で、「自分」ということを確立しなければなりません。

「自分の価値ってなんだろう?」

クライアントの対応や、カウンセリングの中味が

うまくいかなかったりするとき、

陥ったりする。

 

ただ、自分に価値があるかないかは、

他人が決めることだということを

わかる(理解する)ことが出来れば、

そんな悩みにも解決の糸口を自分自身で

見つけることができる。

 

カウンセラーとしての存在価値につまづくことは

よくあるが、

一番気を付けなければならないのは、

カウンセラーとしての価値と、

自分自身のパーソナリティーやアイデンティティーとしての

価値とを混同してしまわないこと。

 

自分自身が安定しているとき、

すなわちカウンセラーをしていないときは

これらを分離してい理解して行動することが

出来るが、

つまづいたり、援助の中でクライアントからクレームを言われたり、

暴れられたりすると、

そのバランスが保てなくなるものなのです。

 

まず知ってほしいのは、

保てなくなるもんなのだ

ということ。

 

これは、頭では理解しているけど、

いざそうなったときには、

だれでもパニックになります。

だからこそ、こういうもんだ

ということを身に染みるまで体験すること。

体験することを怖がらないこと。

 

この2つが、大切になりますね。

 

こういったことを

今期の授業でも

しっかりとロープレシステムも使って

使えるようにしていきましょうね。

入学説明会が近づいています。

どんなことを勉強するのか、

どういうやり方で勉強するのかということも

説明します。是非参加してくださいね。

事前個別相談会もやっています。

詳しくは こちら から。

相談会は こちら を見てください。